あきる野市・昭島市の外壁塗装, 屋根塗装, 屋根葺き替え工事, シーリング工事, 防水工事は鈴吉ペイントにお任せ

あきる野市の外壁塗装は鈴吉ペイント

鈴吉ペイント

新着情報

COMPANY NEWS

ブログ

2021.10.22

あきる野市の屋根塗装の耐用年数と時期について

こんにちは。東京都あきる野市で外壁塗装や屋根塗装を行っております鈴吉ペイントです。今回はあきる野市で屋根塗装をお考えの方に向けて屋根塗装の耐用年数と時期について詳しくご説明させていただきます。「屋根塗装はいつするのがいいのだろう」「屋根塗装はどのくらい持つのだろう」とお考えの方はぜひ参考にしていただければと思います。

1.屋根塗装の時期について

屋根塗装は一般的に春・秋に行うとよいといわれています。特に今の時期は、暑さが落ち着き冬になる前に外壁や屋根を綺麗にしたいという方の依頼が増え外壁塗装に人気の季節です。人気の業者は直近の予約が取れないところもあり、予約が数か月先になるケースもあります。しかし台風も多く雨が降ってしまうと施工が中断してしまうというデメリットもございます。

実際雨が降っている場合塗装を行うことは難しいのですが、塗装以外の作業を行うことができます。塗料メーカーから塗装の基準が出ておりこの基準を満たしている場合のみ塗装作業を行うことができます。

【塗装作業ができる基準】

湿度:85%未満
気温:5℃以上
天候:晴れまたは曇り

雨の日は塗料が固まりにくくなりますし、塗料が流れてしまう可能性もあります。また雨が降っていると湿度が85%を超えてしまう場合が多いので基本的に塗装作業は行いません。しかし雨天時でも行うことができる作業もあります。

【雨天時にできる作業例】

1,塗装前に外壁を高圧洗浄機で洗浄する作業

2,足場の組み立て作業

3,周囲の車や植木の養生作業・養生はがし作業

雨の日には上記のような作業を行い、雨の降っていない日に塗装作業を進めることができます。

2.屋根塗装の耐久年数について

屋根塗装はどのくらいの頻度で行えばいいのかご存知でしょうか?塗料の種類にもよりますが、一般的に新築の場合は10~20年程度は耐久するといわれております。しかしその後は約8年程度で塗り替えが必要になります。屋根は毎日直射日光を浴び、雨風に晒されておりますので塗り替えをせずに長年放置しておくとコケや藻が発生したり、ひび割れて雨漏りが起こることもありますので定期的なメンテナンスが必要です。

3.まとめ

屋根塗装を行うのに適した時期や耐用年数についてご理解いただけましたでしょうか?鈴吉ペイントでは現場調査をさせていただく際に経験の豊富な外壁診断士がお伺いさせていただき、しっかりと事前に屋根の診断を行わせていただきます。屋根塗装は料金もお安くはありません。施工後に不具合が出てしまうことがないようしっかりと事前に診断してお客様のご要望に合わせた塗装を行っていただければと思います。

外壁診断士の現場経験10年以上の実績と資格を持った診断士があなたのお家を診断します。東京都は店鋪がある、あきる野市を始め日の出町、八王子市、羽村市、福生市、瑞穂町、青梅市、武蔵村山市、東村山市、東大和市、清瀬市、町田市、調布市、東久留米市、小平市、武蔵野市、狛江市、多摩市、昭島市、日野市、奥多摩町、檜原村、稲城市、国分寺市、立川市、府中市、小金井市、三鷹市、西東京市と23区外をメインとして施工させていただいています。もちろん23区も元気に活動しております!外壁塗装、屋根塗装、雨漏れ工事、防水工事、シーリング工事、カバー工法、葺き替え工事のお見積もりのご相談、また店鋪へのご来店を心よりお待ちしております。WEBからも簡単にご予約できますのでぜひご利用くださいませ😊

ブログ一覧へ