東京都あきる野市の外壁塗装, 屋根塗装, 屋根葺き替え工事, シーリング工事, 防水工事は鈴吉ペイントにお任せ

あきる野市の外壁塗装は鈴吉ペイント

鈴吉ペイント

新着情報

COMPANY NEWS

ブログ

2021.02.16

外壁塗装のDIYについて

1.外壁塗装のDIYについて

こんにちは。東京都あきる野市の外壁塗装会社 鈴吉ペイントです。

当初1か月の予定だった緊急事態宣言が延長となり.行動自粛な生活が続いているうちに今年の冬も終盤となってきましたがみなさまいかがお過ごしでしょうか?公園を歩いていると梅の花がちらほら咲き始め.春の訪れを感じられるようになってきましたね。

今回は外出自粛でお家時間を持て余している方にぜひ読んでいただきたいトピックスを書こうと思います。

最近DIYってよく聞くと思います。Do It Yourselfの略で「やってみよう」という意味ですが.テレビでも有名人が部屋の中や家具をDIYしている番組が人気を博しています。部屋や家具を自分好みのもので揃えられますし.費用も比較的安く済ませられるので親子やカップルでDIYをする方も増えてきているのではないかと思います。

お部屋のサイズに合う家具がなかなか見つからない時にも自分で作ってしまえばいいですし.世界に一つのものを作るということで愛着もわき.大切に使おうという気持ちも高まるのではないでしょうか。

では外壁塗装をDIYでやろうと思ったことのある方はいらっしゃいますか?

犬小屋や家具をホームセンターで買ってきたペンキで塗装したことがある方はいらっしゃるかもしれませんが.ご自身の家の外壁をご自分で塗装しようと思ったことのある方は少ないのではないでしょうか。外壁塗装のDIYはただ家に色を塗ればいいというものではありません。事前に準備するものもありますし.塗る前に行う工程もいくつかあります。家の上の方を塗装するとなると足場を組まないといけないですし.ペンキも大量に必要です。そして何より失敗した時のリスクが高く業者に依頼する方がほとんどだと思います。外壁塗装ってDIYでできるの?という疑問をお持ちの方も多いと思うので本日は外壁のDIYをうまく仕上げる方法をお教えしようと思います。

2.DIYで外壁塗装をうまくやる方法

まず一番初めに家の洗浄を行っていただきます。汚れはスポンジやブラシでこすったり.家庭用高圧洗浄機を使用して綺麗に落します。苔が生えていたりカビが繁殖している箇所は洗剤を使用して丁寧に洗浄することが大切です。ここで汚れが残っていると仕上がりが綺麗になりませんので念入りにゴシゴシと磨き.洗浄が完了したらよく乾かして下さい。塗装範囲が広範囲の場合は足場を組む必要があります。

次に塗装をしない箇所を養生します。塗料が飛び跳ねてしまうと色が落ちなくなる可能性があるため.慎重に作業をすることが大切です。地面に養生シートを敷き.ドアと壁の間にはマスキングテープを貼り養生します。他にも窓や車.周りにある植木や草花に飛び跳ねないようしっかり養生してください。

養生がしっかりできましたら下地処理を行います。建物の壁にひびが入っていたり.傷がある場合塗装をする前に補修をいたします。ここでしっかり補修をしないと雨漏りしたり建物が劣化してしまいます。元から充填してあるコーティング材(充填剤)はカッターやペンチなどで取り除き.新しいコーティング剤をひび割れの箇所に充填していきます。コーティング剤はウレタン系やシリコン系のものがありますがポリウレタン系のものがオススメです。充填後にサンドペーパー(紙やすり)で綺麗に整えることで下地処理は完了です。ここまで仕上がりましたらいよいよ塗装作業に進んでいきます。塗装も何度かに分けて丁寧に行う必要があり.作業は下塗り・中塗り・上塗りの3工程に分けられます。

まずは下塗りです。刷毛やローラーを使用し.下塗りの塗料を塗っていきます。下塗りは密着性を高めたり.表面の凸凹をなくすために行う大切な作業です。

下塗りが終わったらいよいよ色を付ける中塗りと上塗りをしていきます。中塗りと上塗りは基本同じ塗料を使い2回に分けて塗ります。2回塗ることでムラも少なく.はがれにくい壁に仕上げることができます。1番大事なことは色を重ねたり乾燥させる期間をきちんと守ることです。中には少し空いた時間で塗装をする方もいらっしゃいますが.一度に一面を塗装してしまわないと塗りムラができる原因になってしまいますので注意が必要です。また.選ぶ塗料によって耐久年数や費用が大きく変わりますのでよく比較・検討することが大切です。

3.DIY外壁塗装の費用例

ここで実際に塗料っていくらくらいするのか.それぞれの特徴とともにお伝えいたします。

3-1 シリコン塗料

1平方メートル当たりの施工費が2300円~3500円とコストパフォーマンスが良く.色が豊富なことがメリットです。一度塗っていただくと7~10年ほど持ちます。

3-2  フッ素塗料

1平方メートル当たりの施工費は3500円~5000円と少し高いですが.耐久性が高く変色や退色をあまりしないため一度塗ると10~18年色持ちします。

3-3 ラジカル系塗料

1平方メートル当たりの施工費は2200円~4000円ほどで耐用年数は8~15年。チョーキング現象の発生を抑えるために開発され.2015年から使用されている新しい塗料です。比較的リーズナブルで高性能なため.今後広く使われるようになると思います。

3-4 セラミック塗料(断熱塗料・遮熱塗料)

1平方メートル当たりの施工費は2300円~4500円で.断熱・遮熱効果の高い「GAINA」という塗料ですと3500円~4500円かかります。セラミックが配合された塗料で.断熱や遮熱の効果があり.親水性が高いため汚れにくいのが特徴です。耐用年数は10~20年といわれています。

3-5 無機塗料

1平方メートル当たりの施工費は3500円~5500円と少しお高めです。ガラスなどの無機物(鉱物)を主成分としています。無機物のためチョーキング現象や色あせが起こりにくく.不燃性が高いこともメリットです。値段は少し高いですが.耐久力や防火性の高さを考えるとコストパフォーマンスが高い塗料といえます。

4.DIY外壁塗装のよくある失敗例

ご自身で塗料を塗る場合.職人のように塗ることは難しいと思うので.せっかく塗ってもしばらくすると塗料がはがれてしまうことがあります。また.何度も塗りなおすことにより塗料の消費が多くなり.予算をオーバーする量の塗料を使用することになる可能性もございます。他にも養生が上手くできていない場合.車やエアコンの室外機に塗料が飛んでしまい残ってしまうこともあります。塗った箇所にムラができてしまったり.周りの物が塗装されてしまったら後戻りできませんのでご自身で塗装をする場合は万全な準備が必要です。

5.あきる野市でプロの外壁塗装業者に頼むメリット

やはり業者に頼むとDIYで塗装をするより費用は高くなります。しかしプロに頼むメリットはたくさんあります。まずは何といっても作業が早く綺麗に仕上がるということです。熟練の職人が行いますのでDIYで塗るよりも確実に綺麗に仕上がります。また.洗浄や養生もご自身ですべて行うのは労力がかかる作業だと思いますし.足場を組むとなると転落して怪我につながる危険性もございます。DIYより費用は高くなりますが.高い買い物だからこそ確実性を求めることも大切ではないかと思います。鈴吉ペイントではお客様と色みや価格を相談しながら満足していただける施工を行っております。東京都あきる野市で外壁塗装をご検討されている方はぜひ鈴吉ペイントまでご連絡ください!

東京都は店鋪がある、あきる野市を始め日の出町、八王子市、羽村市、福生市、瑞穂町、青梅市、武蔵村山市、東村山市、東大和市、清瀬市、町田市、調布市、東久留米市、小平市、武蔵野市、狛江市、多摩市、昭島市、日野市、奥多摩町、檜原村、稲城市、国分寺市、立川市、府中市、小金井市、三鷹市、西東京市と23区外をメインとして施工させていただいています。もちろん23区も元気に活動しております! 外壁塗装、屋根塗装、雨漏れ工事、防水工事、シーリング工事、カバー工法、葺き替え工事のお見積もりのご相談、また店鋪へのご来店を心よりお待ちしております😆

ブログ一覧へ